阪神球団社長辞任の揚塩氏が12月1日付で本社取締役に

とらほー速報
1


 阪神電鉄は20日、非常勤取締役で阪神タイガース球団社長の揚塩健治氏(60)が12月1日付で本社取締役、沿線価値創造推進室(副)担当になると新役員人事で発表した。

 同氏はチーム内の新型コロナウイルス感染者が続出した責任を取り、10月に球団社長職の辞任を表明していた。




阪神 球団社長を退任の揚塩氏は本社取締役へ(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201120-00000119-dal-base  プロ野球球団の最高責任者は勢いのある若手が良い、野心とマネージメントに特化した人間が良い! 阪神にはそれが出来るはず


続きを読む