阪神“投打の未来”は順調に成長している? 井上広大は予想以上、西純矢は… 〈dot.〉

とらほー速報
1


 井上広大と西純矢。

 昨年のドラフトで阪神から1位(西)、2位(井上)と上位で指名を受けた2人。潜在能力抜群の2人にかかる期待は、想像以上に大きい。投打ともに世代交代が必須な阪神希望の星はチームの戦力となれるのか、それとも……。

「2軍ですが1年目からタイトルを争う形になり、その中で負けると悔しかった。自分に足りないものを追求してやっていけたら」(井上)

 井上はウエスタン・リーグでともに3位となる本塁打(9)と打点(36)をマークし、10月14日の中日戦(ナゴヤドーム)で1軍公式戦初出場を果たした。16日のヤクルト戦(甲子園)では、8回裏に代打で二塁打を放ちプロ初安打・初打点を記録するなど、将来性を感じさせる。

 大阪の強豪・履正社では1年夏からベンチ入りし2年秋から4番。3年時は春と夏に甲子園を果たした。夏の決勝では星稜の奥川恭伸(ヤクルト)から3ランを放つなど、同校の夏の甲子園初制覇に大きく貢献した。高校通算49本塁打を放った打撃力は、球界全体でも大きな注目を集めている。

「高校時代からパワーがあって強く振れた。スイングスピードも速く、打撃だけなら早い時期から結果を出すと思っていたが予想以上。2軍とはいえあれだけ打てる適応能力もある。プロ仕様の身体を作り、上で経験を積めば大化けするのではないか」(在京球団スカウト)

 一方、未来のエースと期待される西は1軍での登板はなく、2軍で11試合に登板し4勝3敗、防御率4.00の成績。高校時代は抜群の奪三振能力で名を知らしめたが、1年目は45回を投げて27個と数は伸びなかった。自身に足りないものを認識して、技術、体力の両面から課題の克服に取り組んでいる。

「真っすぐの出力だったり、変化球の精度を高めたい。もっと空振りが取れ、圧倒するような投球が自分だと思っている」(西)

 岡山の創志学園では1年春からベンチ入り。2年春からはエースとなり、夏の甲子園の初戦で16奪三振の完封勝利を挙げた。3年時は甲子園出場こそならなかったが、U-18侍ジャパンに選出。チーム最多となる4試合に登板し、13回1/3を投げ、防御率1.35の好成績を残した。打者としても本塁打王(2本)を放ち、その野球センスを遺憾なく発揮した。

「肩の強さが際立っており、球に威力があり空振りも取れる。スライダーなど数種類の変化球も質が高く、数年で戦力になれる素材。打者としての評価も高く野球センス抜群。全国的に有名な投手にしては高校時代の投球数もそこまで多くなく、肩の消耗が少ない。今後の成長が大いに期待できる」(在京球団スカウト)

 甲子園を沸かせた2人が阪神に入団。ファンからすれば1日でも早い聖地での活躍が見たいところ。だが、かつての清原和博や松坂大輔(ともに西武)のように高卒1年目から、早い段階で1軍で戦力となるのはレアなケース。今季、井上は1軍デビューを飾るなど順調なプロ生活をスタートさせたが、当然課題も見え隠れする。

「共通するのは身体がまだできていないこと。高校での連戦はトーナメントの大会だけ。プロはシーズン中、常に試合が続く。また井上は2軍で結果を出したが、1軍は攻め方がまったく違う。打席に立つたびに、最初は戸惑うことが多いはず。西は高校時代、ガッツポーズを注意され投球が崩れたように、精神面で不安定なところがある。2人とも潜在能力は素晴らしいから、気持ちを強く持ち成長して欲しい」(阪神担当記者)

 現在の阪神が抱える問題もある。外国人助っ人をチームの要所に据える編成上、どのポジションも飽和状態になる可能性がある。2人ともよほどの実力を発揮しなければ、1軍で試合に出る機会は先になりそうだ。

「右の先発は西勇輝を筆頭に、秋山拓巳、青柳晃洋など揃い始めた。左とのバランスを考えると西が入り込むのは容易ではない。三振がしっかり取れれば、オリックス山本由伸のようにセットアップや抑えからスタートするのもおもしろい。野手陣も今や主力となった大山悠輔が仮に外野に回るとなると、井上とポジションが重なってしまう。外国人補強もあるから、相当打たないと出番は来ない」(阪神担当記者)

 また巨人と並び長い歴史を誇る超人気球団。周囲を取り巻く環境も大きな障害となる可能性もある。藤浪晋太郎の新型コロナウイルス感染でも明らかになった、タニマチ問題である。

「当面は球団も許可しないだろうが、各方面企業から既にCM出演の話が来ている。スポンサーが手を挙げるということは、同時にタニマチ希望もいる。阪神では若いうちから周囲にチヤホヤされ、本業の野球が疎かになった例も多い。心配な部分です……」(大手広告代理店関係者)

 阪神は「勝てないが人気だけは日本一」の時代が続いている。チームは03年に18年ぶりのリーグ優勝を果たし、2005年にもぶっちぎりでリーグを制覇。ここから本格的に強豪となるかと思いきや、この年を最後に優勝から遠ざかっている。この悪い流れを断ち切り、“真の常勝軍”となるには若い世代の台頭は確実に必要となってくる。

 球団はまだまだ若い井上、西の2人が野球に没頭できる環境を作らないといけないのは間違いないだろう。チームの投打の未来が順調に成長して、甲子園で躍動する姿を1日でも早く見たいものだ。




阪神来季は、西(純矢)、井上(広大)、及川など 楽しみが出てきましたね。 三人の二年目の飛躍に大いに期待したいと思います。



阪神で言うなら井上広大が開幕スタメンで西純矢と及川が開幕ローテに入って遠藤くんが開幕一軍掴むくらい世代交代下手くそだと思うんですけどそう思ってるのは僕だけです。はい。


続きを読む