大野豊が今季のカープを総括「不振の最大の要因は投手陣」

かーぷぶーん
大野豊氏が今季のカープを総括
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/02/28/kiji/20200228s00001173133000c.html


カープOB・大野豊氏が今季のカープを総括。「不振の最大の要因は投手陣。なかでもリリーフ陣の課題を解消できなかった」

その要因となったのは、やはり投手陣の不振でしょうね。開幕前から「クローザー、セットアッパーをどうするか」という部分が課題となっていたのですが、そこが解消されないままにシーズンに突入してしまいました。非常に不安定な状態で開幕を迎えたことで、その後も勝ち切れない試合が多く見られました。

スコット、菊池保と試行錯誤を重ねる中で、最終的にはフランスアがクローザーに、その前を塹江、ケムナが務めることになりました。若い投手が台頭してくることは良いことなのですが、塹江、ケムナに関しては経験、実績というものが何もなかったわけですよね。そういう投手に大事な場面を任せないといかなかったというところに、今季のカープ投手陣の苦しさがよく現れていたと思います。

まだ彼らに本当の意味での安定感、信頼感がないという中で、リーグ3連覇の立役者となった中﨑、今村、一岡といったあたりが全く機能しませんでした。来季を見据える上で若い投手を使って戦力を整えていくことも重要ですけど、実績を残している投手たちの復活も同じくらい重要になってくると思います。

(全文はリンク先)
https://www.hiroshima-athlete.com/articles/-/893





・最初は先発も酷い有様だったが終盤になって九里、遠藤、中村と安定しだしてからようやくローテらしくなってきたから来年は今年より期待できそう






・単純に、中継ぎ陣への資源投入が足りないのではないかな。
中崎や一岡が以前のような輝きを取り戻せないなら、新しい力を後ろに回していかないといけない。 続きを読む