阪神・坂本がフェニックス合流即マルチで存在感

とらほー速報
1


 ◇みやざきフェニックスリーグ 阪神6―3巨人(2020年11月21日 清武第二)

 阪神の坂本誠志郎捕手(27)が21日、フェニックスリーグに参加している2軍本隊に合流した。

 ルーキーの藤田が左手有鉤(ゆうこう)骨の骨折で離脱し、捕手が少なくなっていた。早速「6番・捕手」で出場。2、8回に左前打を放ち、合流即マルチ安打で存在感を発揮。「シーズン後半、試合で良かったこともありますし、継続して試していければいいと思います。もっと良くなると思うので。いろいろ試すことができるので、実戦の中でやっていきます」と意気込んだ。




阪神坂本誠志郎捕手が宮崎遠征への合流初日からマルチ安打を放った。 「6番捕手」で2回と8回に左前へ引っ張り。フル出場。「いいところもありましたけど悪い内容もあった」。前日20日まで1軍の秋季練習に参加し、さっそく結果を出した。「シーズン…  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011210000949.html  pic.twitter.com/kC1K9hlgzk



誠志郎もマルチ〜!推し2人ともマルチや☺️


続きを読む