阪神・矢野監督、来季も助っ人大量確保お願い!「チームもまだ発展途上、外国人の力必要」

とらほー速報
1


 助っ人、たくさん欲しい! 阪神・矢野燿大監督(51)が28日、甲子園での秋季練習後に、外国人選手の大量確保を求めた。今季は球団史上最多となる8人をフル活用。個々の調子とチームのバランスを見極めた柔軟な起用でシーズンを乗り切った。来季も「そういう感じでやりたい」と球団に要望していることを明かした。

 目の前に迫るオフも戦いの準備は続く。チームの底上げと同時に重要な編成。その鍵を握るともいえる外国人選手について、矢野監督はフロントへの要望を明かした。

 「選手1人の状態もどうなるか分からない。外国人選手も計算通りにいくというのも、なかなか少ないと思うから。その中では、ある程度、人数っていうのは必要やし」

 頂点に向け、来季も十分な戦力確保を求めた。今季は8人の助っ人が在籍。将の希望もあって実現した、球団史上最多の大所帯が生きた。

 4番と期待したボーアが開幕から不振に陥り、マルテも早々に離脱。それでも、開幕を2軍で迎えたサンズが調子を上げて中軸を支えた。投手もエドワーズが長期離脱したが、先発とリリーフの両にらみで獲得したスアレスがクローザーとして活躍。先発で計算していたガンケルを中継ぎでも使うなど、チームの投打のバランスを考え、外国人枠を有効に使った。

 「(来季も)そういう感じでやりたいというか。そういう話は(フロントに)している」

 個々のモチベーションを維持しながら柔軟に起用する手腕は証明した。ボーアは自由契約として公示され、スアレスとの来季契約は長期化。不透明な要素も多いが、来季も今季同様の戦いを求め、球団もサンズらの残留交渉や新戦力発掘を含めて力を注いでいる。

 29日に秋季練習を終える。指揮官は「挑戦していこうという気持ちはより高められた」と目を細め、成長したナインと助っ人の融合を楽しみにした。

 「よりいい形にするために現状は(外国人が)いる。チームもまだ発展途上で、その中で外国人選手の力って必要やし」

 4年連続日本一のソフトバンクをはじめ、球界全体でも助っ人の充実は結果を左右している。来季は何人がタテジマを着るのか、注目だ。(安藤理)




阪神・矢野監督、来季も助っ人大量確保お願い!「チームもまだ発展途上、外国人の力必要」  https://www.sanspo.com/baseball/news/20201129/tig20112905030006-n1.html  @sanspocomより 方針は、変わらんみたいやね。



スアレス流出危機は想定内 矢野監督の助っ人大量保有論に呆れてものも言えません😤 内野手守備補強のため 讀賣の右打者山本を金銭トレードで獲得! 意味のないトレード🙄 ドラフトで左の内野手獲りすぎやねん! バランスの悪いドラフトが 今になって出てきている!


続きを読む