阪神小林100万減の年俸1300万円でサイン「悔しい1年」1軍登板は2試合

とらほー速報
1


阪神小林慶祐投手(28)が30日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約交渉に臨み、100万円ダウンの年俸1300万円でサインした。

小林は今季8月下旬に交換トレードでオリックスから阪神へ移籍。1軍定着を目指したが、9月下旬のチームのコロナ禍で球団独自の濃厚接触者扱いとなって離脱した。1軍登板は2試合のみに終わり「思ったようなシーズンを送れなかった。悔しい1年でした」と振り返った。今オフは社会人野球時代に所属した日本生命で自主トレを行う予定で「もう本当にがむしゃらにやって、チームの勝利に貢献できるようにやっていきたい」と語気を強めた。(金額は推定)




コロナで貧乏籤引かされたな 来年取り返せ>阪神小林100万減「悔しい1年」1軍登板は2試合(日刊スポーツ)
#Yahooニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201130-21300720-nksports-base 


続きを読む