ラミレス氏「就任前は最下位。同じことをしていてもチームは機能しない。新しいことをしようと思った」

De速
2020-11-26 22-24-25-434

1: 風吹けば名無し 20/12/01(火)10:42:02 ID:9xn


 「僕が監督になった前年は最下位。20年前から同じことをしていてもチームは機能しない。新しいことをしようと思った。例えば日本野球の常識を考えると2番打者は小技が使える選手。僕の場合は外国人を置いて打たせた。得点効率を何とか上げて、いかにスマートな野球ができるかをトライしてきた。後悔は全くないが、終わってみたらまたできる、もっといろいろできるという思いもある。僕はデータを分析して常識にとらわれないことをやってきた」

 ファンからは戸惑いや反発の声が上がり、インターネット上で議論がたびたび巻き起こったが、ラミレス監督は方針を曲げることはなかった。

 「皆が思ってないことを最初にやろうとした時の周囲の反応は『えっ、この人、何を考えているんだろう』というもの。采配がうまくいっても重圧はあったし、ストレスにもなった。でも僕自身、その姿は決して見せなかった。今は職を離れてすごく楽になったけど」

続きを読む