DeNA、巨人から移籍の田中俊太を支配下登録 背番号は山下がつけていた「38」

De速
tv3RKvR


1: 風吹けば名無し 2020/12/22(火) 15:43:56.24 ID:j2B2bgWr0


 NPBは22日、巨人へFA移籍した梶谷隆幸外野手の補償としてDeNAに移籍した田中俊太内野手の支配下選手登録を公示した。背番号は「38」に決まった。 


 DeNAは15日、山下幸輝内野手の背番号が「38」から「66」にワケ変更となると発表した。

  山下は14年ドラフト5位でDeNA入り。入団時から38番を付けていた。6年目の今季は39試合出場し、打率.209、0本塁打、1打点だった。

 横浜の背番号「66」は浅利光博が1977年から85年まで、石井琢朗(現巨人野手総合コーチ)がプロ1年目の1989年から92年まで付けていた。

続きを読む