阪神が韓国の最多勝20勝右腕・アルカンタラ獲得発表 12球団屈指の先発陣形成。背番号は44

とらほー速報
1


 阪神は23日、今季韓国・斗山で20勝を挙げて、最多勝に輝いたラウル・アルカンタラ投手(28)の獲得を発表した。背番号は44。

 ドミニカ共和国出身のアルカンタラは193センチの大型右腕。2009年にレッドソックスに入団し、2016年にアスレチックスでメジャーデビュー。メジャーでは通算13試合に登板して2勝5敗だった。

 2018年オフに韓国・KTウィズと契約し、2019年は11勝を挙げた。今季は斗山で20勝2敗、防御率2・54だった。阪神でも先発ローテの一角として期待されている。

 球団を通して「阪神タイガースでプレーする機会をいただいたことに感謝したいですし、素晴らしいチームの一員となることを誇りに思います。今は、タイガースのユニフォームに袖を通してプレーすることに非常に興奮しています。チームの勝利に貢献できるように、常に全力でプレーすることをファンのみなさんに約束します」とコメントした。

 阪神は22日にロッテを自由契約となったチェンの獲得を発表しており、アルカンタラの獲得で今オフの外国人補強は2人目となった。

 さらに今季の韓国リーグ2冠王のロハスとも大筋合意済み。一度は保留者名簿を外れたが、今季のセ・リーグセーブ王・スアレスも残留が決定的となっている。

 すでにサンズ、マルテ、エドワーズ、ガンケルとの契約更新も発表済みで、来季も2年連続の外国人8人体制で臨むことになる。

 アルカンタラの加入で、阪神の先発陣は12球団トップクラスの布陣となる。

 今季の開幕投手でチームトップタイの11勝を挙げた西勇、同じく11勝の秋山、2年連続で規定投球回に到達した青柳、左腕・高橋までがほぼ当確。チェンも加わり、先発復帰を目指す藤浪や、ドラフト2位・伊藤将(JR東日本)らの名前も挙がる。

 2005年以来16年ぶりのリーグ優勝に向けて、態勢は整いつつある。




ラウル・アルカンタラ選手と来季の選手契約を締結することで合意しましたのでお知らせします。なお、背番号は「44」に決定しましたので、合わせてお知らせします。 ▼詳しくはこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7220.html  pic.twitter.com/Y8KtfPHGW2



@TigersDreamlink キターーーーーーーーー!!!!!!!



@TigersDreamlink あかん阪神優勝してまう🐯


続きを読む