阪神の来季日本人選手平均年俸1102万円も急落

とらほー速報
1


阪神梅野隆太郎捕手(29)が22日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1000万円増の1億1000万円でサインした。阪神は梅野で全57選手との契約更改を完了した。

阪神の来季の日本人支配下選手61人(ドラフト入団8選手、移籍2選手含む)の推定年俸総額は16億8430万円。1人平均2761万円で、日本プロ野球選手会が今年6月に発表した3863万円から1102万円も急落した。ベテラン選手が大量に退団したため、日本人選手の年俸総額は大幅に減少。藤川2億円、福留1億3000万円、能見9500万円など、高額選手の年俸が削減された。さらに糸井が2億1500万円の減俸も大きかった。またコロナ禍の影響で主催試合も減少し、球団の入場料や放送権料がダウンしたことも響いた。一方で大山が5300万円増の1億円、近本が3000万円増の7500万円と、若手主軸はアップを勝ち取った。




阪神の来季日本人選手平均年俸1102万円も急落 - プロ野球 : 日刊スポーツ 夢がある世界やけど、現実は厳しい  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012230000198.html 



阪神の来季日本人選手平均年俸1102万円も急落(日刊スポーツ) #Yahooニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/7a1114cf6b9d0228af89c4253cdf1b117fcfc35c  1100*60少々で7億円前後、総年俸減少に加えてボーアとガルシアで4.5億くらい(合計11-12億くらい)浮いてたりする。 その分、外国人ガチャに投資


続きを読む