【速報】日ハム有原、レンジャーズと契約合意

ファイターズ王国@日ハムまとめブログ
202012250001238-w1300_0

日本ハムからポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指していた有原航平投手(28)が25日(日本時間26日)、レンジャーズと契約合意したと、米メディア「ジ・アスレチック」のケン・ローゼンタール記者がつぶやいた。

有原のポスティング申請は日本シリーズ終了の翌日となる11月26日に、日本ハムが申請手続きを終えたことを発表。12月27日午前7時(米東部時間26日午後5時)が交渉期限だった。

昨オフから公言してきた夢を実現させた。有原は19年12月4日の契約更改の席で球団に、20年オフにもメジャー移籍したい思いを伝え、今季終了後も「僕自身は、そういう気持ちでやってきたので変わらないですね」とまっすぐな思いを吐露。その後、球団から正式にポスティングシステムを利用したメジャー移籍を容認されていた。

代理人はカブス・ダルビッシュやツインズ前田らを担当する米大手エージェント会社「ワッサーマン・メディア・グループ」に属するジョエル・ウルフ氏と契約。自主練習ではメジャー球でキャッチボールを行うなど、できる限りの準備も進めてきた。

6日に札幌ドームで行われたファンフェスティバルに参加した際は「信じて待つだけなので。まだ動きとかはないので、とにかく信じて待ちたいなと思います」と心境を明かし、日本ハムからは「やるからには、絶対頑張ってこい」と背中を押されたことも告白。「そういう気持ちでやりたい」と不退転の覚悟を示していた。

交渉期限の1週間前となる20日には渡米し、移籍先決定に備え、その日がやってきた。ついに、広陵(広島)時代から一途に目指してきたメジャーの舞台に立つことになる。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012250001238.html

1: 名無しさん 2020/12/26(土) 11:34:46.56 ID:dYFZJX5Q0

続きを読む