阪神・近本 大山と合同自主トレ「力感ない」4番の打撃学び100得点果たす

とらほー速報
1


 阪神の近本光司外野手(26)、大山悠輔内野手(26)が28日、兵庫県内で行っている合同自主トレを公開した。チームの中心を担う2人に、近本と同じ淡路島出身のドラフト5位・村上頌樹投手(22)=東洋大=も参加。近本は大山から打撃時の体重移動などを学びたいと意欲を見せ、目標に掲げる『100得点』達成へ向けて、同学年の4番のバットに期待を寄せた。

 選手会長を務める近本と、矢野監督からキャプテンを託された大山。名実ともにチームを引っ張っていく2人が合体する合同自主トレが実現した。

 個人トレーナーが同じという縁から話が進み、兵庫県内の練習施設で実施。さらに近本と同じ淡路島出身という縁から、ルーキーの村上も参加して行われている。

 「去年(のオフ)もトレーニングとかメニューとかを(トレーナーに)考えてもらっていたんで。一緒にやろうかとなりました」と近本。シーズン中、遠征の移動時も一緒に行動することが多い同学年の2人がタッグを組み、体幹やウエートトレーニングに始まり、キャッチボール、守備、打撃練習で汗を流している。

 村上を含めて初めて3人で行う合同自主トレ。「(通常の)練習の時ってそんなに話せることもあんまりない。こうやって時間もある中で『こうかな?』とか、『こっちの感覚はどうかな?』とか」と、互いを高め合うために濃密な時間を過ごしていることを近本が明かす。

 その中で大山から学び取りたいことがある。「本当に力感がない」と評する打撃での体重移動だ。力感がないにもかかわらず飛距離を出せる打法。「パワーだけじゃなくて、体の使い方が分かっているんだなと思った」と一緒にトレーニングをすることで改めて気付かされ、4番のバッティングを積極的に吸収しようとしている。

 近本が来季の目標に掲げるのが『100得点』。そのためにも4番のバットへの期待は大きい。「それはもう悠輔にかえしてもらうしかないんで。自分でどれだけ走っても(得点は)取れるもんではない。後ろにかえしてもらうことがすべて。期待しかないですね」とニヤリと笑う。

 もちろん個人目標の先に描くのは16年ぶりのVだ。「個人の成績というよりも、チームが頂点、優勝を目指してやっていくことを重点に置いて。一緒に頑張っていこうと思っています」。ともに汗を流し、鍛錬を重ねた日々を、必ずや来秋の歓喜につなげてみせる。




阪神の「1番100得点、4番100打点」は2010年マートン、新井コンビが最後だったのか・・・ 阪神・大山 “赤星&金本のV法則”へ近本と共闘「僕も数字はこだわりたい」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/12/29/0013972287.shtml  @Daily_Onlineより



大山近本ペア尊い



 https://news.yahoo.co.jp/articles/d01844f3e99ea51b876abbbaa7747d55689e8a95  近本と大山仲良すぎる しかもしれっと村上頌樹いるの最高じゃん


続きを読む