【阪神】ドラ1佐藤輝明は打席で「ドシッ」虎にいないタイプ…福本豊の眼

とらほー速報
1


 慣れてきたら打ちそうやな―。阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=は初戦からそう感じさせてくれた。

 3打席目は変化球に三振したが、1、2打席目は、追い込まれても、いろんなボールに対応しながら、簡単に終わらなかった。そのファウルも、合わせにいくのではなく、自分のスイングができていた。この「振れる」ことが魅力だろう。

 初の試合で新人はドタバタしてしまいがちだが、佐藤輝は打席でドシッとしていた。体を見ても足回りがしっかりとしている。相手に怖さを感じさせる。今の阪神にはあまりいないタイプだ。このスイングを大きく直す必要はない。この日も右足の上げ方を変えたりしていたように、プロのスピードなどに慣れるよう工夫していけばいい。

 ドラフト6位の中野も強いスイングができている。4位の栄枝の4回の中越え2点二塁打も打球が伸びていた。今年は、ルーキーたちがレギュラー争いのレベルを押し上げるのではないか。(スポーツ報知評論家)

報知新聞社

続きを読む