矢野監督「戦力外っていう苦しい思いを」一問一答

とらほー速報
1


<阪神1軍春季キャンプ:紅組3-3白組>◇4日◇宜野座

矢野燿大監督(52)が、ドラフト1位佐藤輝明内野手のブレない姿を評価した。即戦力スラッガーは白組の「1番左翼」で実戦デビュー。3打数無安打に終わるも、フルスイングで強烈なゴロを放つなど素質の高さを見せた。 

   ◇   ◇   ◇

◆矢野監督語録

-紅白戦、目についた選手は

矢野監督 野手の方は木浪。みんな良かったんですけど、迷いましたけど木浪にしました。それは意識の高さ。守っているときは自分が引っ張るというね、声が。大山も出ていたんですけど、それよりも木浪がすごい出ていたし。走塁でも次の塁を狙うという意識がありながら、しっかり戻ったりとか。そういう1個1個の意識の高さっていうのが、すごく出ていたのは木浪だったので、はい、木浪にします。

-第1クール全体で評価したい選手は

矢野監督 えぇ~、難しい…。誰かなぁ…。ピッチャーはやっぱりルーキーをよく見ているんでね。よくというか、目につくんで。石井(大)が僕の中ではすごい、きょうのバッティングピッチャーでもすごく良かったし、石井がすごく目立っていたな、という。バッター…うーんどうですかね。みんな状態良いんでね。まあ…大山がキャプテンで引っ張ろうという意識、それは背中でも早出で、それは去年からやっていることなんですけど。やっぱりそこからのレベルが上がったなというのはこのクールを見てね、すごく感じたので。そうします。

-西純のマウンドさばきも魅力

矢野監督 それも能力なんよ。ピッチャーはただ投げるだけじゃないんよ。うちの(西)勇輝がそうだけど。フィールディングもあれば、バントもあれば、打つ方もあればね。トータルなんだよね。勝てるピッチャーって。そういうところで言うと、こういうことができるんやなというね。ピッチャーで自分のボールを投げるから。自分でタイミングを変えるって簡単じゃない部分もあるのよ。だけど、そうやってタイミングを変えるというのをすごく。それはユウスケ(大山)のときだけじゃなく、ランナーに走られたくないというときでもタイミングを変えられているしね。自分のやろうとしてることがブルペンで、その…力感を抑えながら、球を走らせるとか、なんかそういうこともしっかりやろうとしてることが見える、あっこでもね、まあできてきてるかなと思うんで、そういうのはホントに野球の頭があるっていうかさ、勝てるピッチャーのそういう要素を持ってるんじゃないかと思ったけどね。

-西純以外のピッチャーもアピールする立場だったが目についた選手が

矢野監督 うーんやっぱり翔太じゃないの。1回戦力外っていう苦しい思いをして、うちに来て、最初の登板で嫌なことも頭をよぎりながら、でもしっかりした投球内容と結果をね、出すっていうのは、ある意味こう、ミッションじゃないけど、アイツの中で必要だっていうのは、それが結果としてできてるというのは大したもんだなと思うし、それがオレらの評価になるじゃん。

-佐藤輝は自分の形を出したというのは今後につながっていく

矢野監督 オレらも実際、試合になってどうなんのかなという部分は見たいところやったけど。自分の形で自分のタイミングでスイングを今日はできてたから、それは大したもんやなと思うけど。

-今は結果はどうあれ、自分の形を続けていくことか

矢野監督 一番強いのは自分の形が変わらないこと。常に自分のタイミングで合わせられて自分の形で崩されても打てるというのは、あいつも柳田のことは興味あるし、注目している選手だと思うんだけど、配球とかは考えている、ゼロではないとは思うんだけど、俺とかは配球を考えないと打ててなかった。それって弱いじゃん。レベル的には。相手に合わせないといけないから。相手に合わさず打てたら、自分のことだけやっていたらいいんだからそれは強いと思うんだけど、もっとプロのレベルの高い投手と対戦したときにそれをさしてもらえるのか、まだまだ見ていかないといけない。きょうの段階できょうの投手に対しては自分の形のスイングができていたし、初めての対戦という意味では最後、カーブを三振していたけど、それも別にあることかなと思うから。

続きを読む