阪神3位佐藤蓮が大荒れ初実戦 異例の試合打ち切り

とらほー速報
1


<阪神紅白戦:白組7-3紅組>◇7日◇かりゆしホテルズボールパーク宜野座

まさかの大荒れデビューだ。阪神ドラフト3位佐藤蓮投手(22=上武大)が紅白戦の7回に実戦初登板。先頭の1番高山に痛烈な打球の右翼線二塁打を許すと、山本にはストレートの四球、近本に死球を与え無死満塁にすると、大山にもストライクが入らず押し出し四球。続く梅野の遊ゴロの間に2点目を失うと井上には得意のカーブが抜け死球。北條を二直に打ち取りようやく2死を奪ったが、ここで首脳陣から試合終了の指示が出て、異例の打ち切りとなった。

福原投手コーチは「(18球と)球数がいっていたので(試合を)切りましたけど、今からしっかり。まだまだこれからの選手なので、しっかり練習して、いいものを出せるようにしたい」と説明した。紅白戦後、佐藤蓮はサブグラウンドの特守で、必死に打球を追っていた。




うーむ、佐藤蓮(ドラ3)はよほど持ち直さない限り鳴尾浜で数年魔改造コースやなコレ 4四死球2被安打打ち切り終了て



佐藤蓮投手、最終的には投球打ち切りの判断で試合終了。フォーム固めからやね…


続きを読む