阪神ドラ1佐藤輝明「ああいう球は見たことがない」 空振り三振に倒れた藤浪の155キロに“白旗”

とらほー速報
1


 阪神のドラフト1位・佐藤輝(近大)が7日の紅白戦で初対戦し、4球オール直球で空振り三振に倒れた藤浪との対戦を振り返った。初球148キロ速球に豪快な空振りを見せると1球ボールの後は150キロ速球を見逃し。最後はこの日の藤浪の最速となる155キロにバットが空を切った。

 「あんまり、ああいう球は見たことがない。速いのもそうですけど、ヒュッと曲がっていたんで。それは初めてでした」

 アマチュア時代には経験したことがない球に驚きながらも、持ち味である豪快なスイングだけは失うことはなかった。

 「合わせにいくのは嫌なんでしっかり振った。次は打ちたい。打てるようにしないといけない」

 打者として打てなかった悔しさの分だけ成長がある。猛虎の中軸を担う男にとっては、全てが血となり肉となる。




佐藤輝明くんのこの考え好きだなぁ。 >「合わせにいくのは嫌なんでしっかり振った」 阪神ドラ1佐藤輝「ああいう球は見たことがない」 空振り三振に倒れた藤浪の155キロに“白旗”(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210207-00000200-spnannex-base 



@teru_hanshin 今の時期なんて振ればいい。 紅白戦やオープン戦で振れなきゃ、公式戦で絶対に振ることなんて出来ない。 結果欲しくて、小さなスイングしても佐藤くんには何の魅力もない。 ルーキーでこの考え方出来る彼は凄い。


続きを読む