【中日】与田監督、盗塁企図150に挑戦「絶対的にやれという話はしている」走塁意識改革だ

ドラ速~Dragons速報~
7d56b_60_102ef9c7_10047c91
1: 風吹けば名無し 2021/02/07(日) 20:02:52.20 ID:MDGc48Lp0
昨季のチーム盗塁数が33個。
盗塁だけでなく走塁全体でレベルアップを求める指揮官は「(出塁したら)『絶対的にやれ』という話はしている。
コーチの方から(選手に)アウトになっていい、とは言って欲しくない(とコーチへ伝えている)。
結果はベンチの責任だが、選手は常に成功するように。昨年は(盗塁)企図数や、成功率も12球団ワースト。
数が少なくて成功率が高いなら話は別。企画も少ない、成功も少ないならそれはレベルが低いということ。
どんどんレベルを上げていかないと」と明かした。

さらに「荒木コーチと話して、150近く企図数を上げて行きたいと思っている。果敢に攻めて、挑まないと。
本塁打数がどんどん増える訳ではない。次の塁を狙うことも強く言っていきたい」と、悲願のリーグ優勝に向け“脱・走らない竜”への挑戦も始まった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/dfed11a60cabf7afcd3c9ffe5afcb2bfedadb904

続きを読む