巨人・岡本和真が巨大化!外国人に負けない「4XL」怪物ボディーw

G速@読売ジャイアンツまとめブログ
1: 2021/02/09(火) 05:39:54.77 ID:Pq1kQrQxM

 いったい、どこまでビッグになるんだ――。
巨人・岡本和真内野手(24)が、さらなる巨大化を遂げていたことが判明した。入団当時の7年前ですら、ふくはらぎの極太ぶりで「ゾウさん」などと称されていたが、恵まれた肉体は年々、分厚さを増し、とうとう過去最大に。大柄な外国人選手にもまったく引けを取らない、その日本人離れした驚きのサイズとは…。

 そうした鍛錬の成果はユニホームの大きさにも表れている。球団関係者などの話を総合すると、そのサイズは今キャンプから「4XL」になったというのだ。岡本和のサイズが「2XL」から「3XL」となったのは2019年の春季キャンプから。あれから2年が経ち、もう一段階、巨大化が進んだことになる。

 ちなみに、昨季まで球団が契約していた無名メーカー社の「3XL」は身長が「187センチ~193センチ」、胸囲は「105センチ~113センチ」、ウエストは「91センチ~97センチ」向けとなっている。一方、今季から新たに提携したミズノ社の「4XL」サイズでは身長「192センチ~198センチ」、胸囲が「109センチ~115センチ」、ウエストは「95センチ~101センチ」が基準だ。身長185センチの岡本和が、どれだけ〝怪物級〟の肉体となったのかをうかがい知ることができる。

 3年連続で30本塁打超えを果たし、動ける体を維持しながら自身初の「ゴールデン・グラブ賞」獲得を目指す若き主砲。そのメガトンボディーには、ビッグな夢が詰まっている。

eed6bef4


https://news.yahoo.co.jp/articles/175e60e51b1f75ffaccca011a4440506e63ffac4

2: 2021/02/09(火) 05:41:48.65 ID:6H1EOMej0
日本で服買えるのかこいつ

6: 2021/02/09(火) 05:47:42.91 ID:NBUt119Q0
ソフバンのアスリートみたいな体型とは全然違うよな

続きを読む