阪神・平田2軍監督 板山、江越が複数安打も「あたり前田のクラッカーや」

とらほー速報
1


 「阪神2軍春季キャンプ」(13日、安芸)

 阪神2軍は今キャンプ初実戦となった練習試合・四国銀行戦(安芸)に勝利した。平田2軍監督はドラフト7位・高寺(上田西)の“プロ初安打”を絶賛。投手陣や、3安打を放った板山らも評価した。

 一問一答は以下の通り。

 -高寺が1打席目から“初安打”を記録した。

 「いやいやいやいやいや~、ねぇ~、素晴らしいじゃない。楽しみがまた一つ増えたね~。これは内野手に刺激と言うよりも、競争にいい意味で入ってこれるバッティングしてるもん」

 -2打席で交代したのは予定通りだったのか。

 「うん、予定通り。スタメンでどうせなら先に使っての方がいいかなと思ってさ。守りの方も2個、飛んでったっけな。ゲームに入っていつもの練習と違うなって動きでも全くないし、実戦でも臆することなく普段通りって感じだよな」

 -勝負強さを感じた。

 「勝負強さってのはまだだけど、場慣れしてる。高校時代、しっかりとした指導をされてるんだろうな。高校の監督さんの指導のたまものだよ。俺らも見習わなきゃダメだ」

 -次もスタメンで使いたくなる。

 「その辺はね、体力的なことも考えたり、俊介や荒木もいるんでね。その辺はね、うまく色んな経験を徐々にさせていきたいな」

 -投手陣の評価は。

 「先頭打者の四球とか反省点はあったけど、久しぶりの実戦で、望月はまだまだスピードもコントロールももっと精度が上がってくるだろうし。浜地はいい球を投げてた。石井将はまだゼロに抑えて自信をつけさせるってことで経験させようかなと。及川とかは打たれてね、まだ勉強勉強。牧はあのぐらい投げられるよ」

 -牧は12球で2回パーフェクト投球。

 「まだまだ本来の投球に比べたら、物足りないけど、まあまあじゃない。このぐらいは普通だもん」

 -板山が3安打を放った。

 「板山、江越(2安打)は社会人相手だから当たり前と言えば、当たり前。特筆すべきことでもない、当たり前よ。あたり前田のクラッカーや。これらは成績を残さないといけない選手。高寺や遠藤、及川たちはまだまだ経験を積まなきゃいけない。江越や植田、島田たちはそのためにこっちで試合出てるんだから。熊谷にしても、板山にしても結果を出さなきゃいけない選手。ファームの場合、色んな段階の選手がいる。浜地にしても望月にしてもそうよ。及川たちとは立場が違う」




平田監督「あたり前田のクラッカー」 白井記者「…(-д- 三 -д-)」 平田監督「なんや!そのふてくされた態度は(`Δ´)」  https://twitter.com/SponichiYakyu/status/1360554972568461313 



阪神・平田2軍監督 板山、江越が複数安打も「あたり前田のクラッカーや」  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/02/13/0014077712.shtml  そうなんよね... 板山君!江越君! 君らの居場所は? 甲子園や! 鳴尾浜ちゃーう!!d (>◇︎< ) 這い上がってこいぃー‼️/(^o^)\


続きを読む