阪神糸原&ドラ6中野がデスノック「マジできつい」

とらほー速報
1


阪神糸原健斗内野手とドラフト6位の中野拓夢内野手が13日、“デスノック”で汗と泥にまみれた。

2人が午後の個人練習で「苦楽力アップです」と書かれたメニューに振り分けられていた。正体はキャンプ名物となっている地獄のノックで、2人合わせて約600球を受けた。

自らノックバットを握った矢野監督は「苦しい練習を苦しくやるのは誰でもできる。プロだからこそ、苦しい練習は楽しく」と説明。ヘトヘトの糸原は「マジできついです」とやり切った表情で引き揚げた。




練習メニューにあった「苦楽力アップです」は、デスノックのことでした!中野選手と糸原選手が泥だらけに・・・。見ていてもかなり辛そうでした(只松) #hanshin #tigers #npb #阪神タイガース #中野拓夢 #糸原健斗 #デスノック pic.twitter.com/uwTfmFYSCQ



@NikkanNaruohama 前キャプテン レギュラー死守で


続きを読む