阪神・矢野監督、糸井は「レギュラーじゃない」超人にシビアな評価

とらほー速報
1


1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/16(火) 05:06:36.71 ID:CAP_USER9
阪神・矢野燿大監督(52)が15日、背水の陣で今季に臨む糸井嘉男外野手(39)に猛ゲキを飛ばした。今後の春季キャンプでの実戦出場について「出ないとでしょ。レギュラーじゃないんだから、もう現状は」とキッパリ。昨年はけがに泣かされ、定位置を奪いにいく立場になった超人の反骨心が、南国沖縄で試される。

 超人よ、はい上がってこい-。復活を信じるからこそ、矢野監督は厳しい言葉で糸井に猛ゲキを飛ばした。豊富な実績や経験はあっても、今は挑戦者の立場。ベテランに“裸一貫”からの猛アピールを求めた。

 「(試合に)出たいんじゃなくて、出ないとでしょ。レギュラーじゃないんだから、もう現状は。嘉男(糸井)だって、その気だろうし」

 14日に糸井は宜野座球場での残留練習でシート打撃に参加。今キャンプ初の“実戦形式”では、馬場との対戦で空振り三振、中飛に終わり、西純との対決では四球だった。計3打席で快音は響かなかった。「まだまだ。あれは実戦じゃない。実戦です。実戦じゃない」と超人節も飛び出したが、厳しい立場は自身が一番理解している。

 昨季は86試合の出場で打率・268、2本塁打、28打点。阪神移籍後最少の試合数だった。右膝の不安などけがに泣かされて、右翼の定位置は陽川や中谷らに明け渡しただけに「僕もアピールしていかないといけないので」と悲壮な決意で今キャンプに臨んでいる。

 猛アピールを続ける近大の後輩でD1位・佐藤輝(近大)や高山に加え、サンズやメル・ロハス・ジュニア外野手(30)=前韓国KT=が加われば、外野の定位置争いはさらに激しくなる。

 今後、チームは16日の楽天戦など練習試合が今月だけであと7試合予定されている。昨年、糸井は2月23日の広島とのオープン戦で初実戦を迎えた。矢野監督は今後の起用について「まだ(シート打撃で)打ったところだから、(試合に)いつ出るかは分からないけど」と明言を避けたが、出場する日は近そうだ。

 「現状、もう一回、(定位置を)奪い取るというか。嘉男もその気持ちでやっているだろうし。調整プラスアルファというのはあるんでね」

 指揮官のシビアな評価に応えられるか。糸井の底力が南国沖縄の地で試される。(新里公章)

2/16(火) 5:00
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210216-00000517-sanspo-base

https://npb.jp/bis/players/91195119.html
成績

6: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/16(火) 05:41:22.93 ID:MddEvB1c0
糸井なんか最初からいらんかった
全然超人じゃなかった
打球上がらないんだもん

26: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/16(火) 11:15:50.49 ID:4ZD9+cMQ0
あれだけムキムキに鍛えて2本塁打じゃあ
筋肉鍛えてる意味がねえな

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613419596/

続きを読む