阪神佐藤輝明「やれと言われて…」特大弾でゴリラポーズ

とらほー速報
1


<練習試合:DeNA2-6阪神>◇18日◇アトムホームスタジアム宜野湾

阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(21=近大)が特大弾で開幕スタメンを強烈にアピールした。DeNAとの練習試合(宜野湾)に「3番三塁」で出場し、9回に、電光掲示板を越える推定140メートルの2ランを放った。対外試合早くも2本塁打目。昨季10勝の大貫からも2安打を放ち、5打数4安打3打点で実戦の打率は5割ジャスト。即戦力スラッガーが怪物級の打撃を披露している。

  ◇   ◇   ◇

白球が視界から消えた。右翼手と中堅手はぼうぜんと空を見上げるばかり。佐藤輝が特大弾で開幕スタメンを強烈にアピールした。2点リードの9回2死二塁。DeNA伊勢の真ん中直球を強振。打球はバックスクリーン横の電光掲示板を越えた。その後ろに設置された防球ネットに突き刺さる推定140メートル弾。「最後は甘かった。しっかり捉えることができたので良かったです」。右翼から左翼にフォロー気味に吹く風にも乗ったが、新人離れした怪物級の弾道だった。

対外試合3戦で2発目。「長打というのが魅力だと思うので、しっかりこれからも続けていければ」。ベンチへ帰ると、チームの先輩である陽川のホームランパフォーマンス「ゴリラポーズ」を初披露した。「『やれ』って言われて、やりました…」。照れながらも、両手で胸をたたいた。

相手投手が1軍クラスでも関係ない。初回には昨季10勝右腕の大貫から内角直球を引っ張り、右翼線にライナーで先制の適時二塁打。3回にも中前に2打席連続安打。7回には武藤のカーブを捉え、二塁強襲の二塁打とした。「シーズンに入ってくると攻め方だったり、いろいろ変わってくると思う。打てたからいけるとかじゃなくて、しっかり今日は今日の結果で、また次に切り替えてしっかりやっていきたいと思います」。

謙虚に振り返るが、5打数4安打3打点で、実戦では22打数11安打で打率5割。対外試合に限れば14打数9安打、2本塁打、6打点と手がつけられない。井上ヘッドコーチは「頭1つ、2つ出てるかなという評価をせざる得ない結果を出している」と脱帽した。広島の岩本スコアラーも「もっと研究していかないといけない」と警戒をさらに強めた。

試合後の表情は充実感であふれていた。「いい状態だと思います。やっていくしかないんで、頑張ります」。4球団競合の末に加入した即戦力スラッガー。その実力に偽りなし。開幕スタメンが現実味を帯びてきた。【只松憲】




2点本塁打を放ち、陽川のお株を奪うゴリラポーズを披露する佐藤輝 pic.twitter.com/XaFpzWwM3d



自覚あるのね。🦍🦍🦍 阪神佐藤輝「やれと言われ…」特大弾でゴリラポーズ #SmartNews https://www.nikkansports.com/baseball/news/202102180000695.html 


続きを読む