日ハム斎藤佑樹1日200球、投げるのも治療の一貫

ファイターズ王国@日ハムまとめブログ
no title

1: 名無しさん 2021/02/19(金) 12:46:58.80 ID:CAP_USER9
 右肘じん帯断裂から再起を期す日本ハム・斎藤が、沖縄・名護のブルペンで200球を投げた。1軍が休日のこの日は、2軍が名護でDeNA2軍と練習試合。リハビリ組の斎藤は1年ぶりとなる名護のブルペンで、映像でフォームを確認しながら出力を抑えてキャッチボールを含めて200球を投げた。

 オフにじん帯断裂と診断された右肘は、保存療法による治療を選択。強度を抑えて球数を投げるのが治療の一貫で、1日のキャンプインから休みなく約200球を投げているという。この日は「ちょっと力を入れて投げている」と話し、球速は120キロ前後。キャンプイン当初から10キロほどアップしており、右肘にある程度の負荷をかけていくリハビリメニューは「予定としては最後まで」続けるとした。


https://news.yahoo.co.jp/articles/905a916c683df56327d58088da20f23323fb0b79
2/19(金) 12:29配信

5: 名無しさん 2021/02/19(金) 12:51:03.84 ID:TiGYVdTZ0
これで復活ならこれまでトミージョンで一年棒に振った奴らただの馬鹿じゃん

続きを読む