【高校野球】今春から決勝もタイブレーク「引き分け再試合」消滅

とらほー速報
7


日本高野連は19日、大阪市内で理事会を開き、主要大会の決勝でもタイブレーク制を導入することを決定した。今春のセンバツ(3月19日開幕・甲子園)や各都道府県大会から適応する。障害予防の観点から各都道府県連盟とも意見交換し、高校野球特別規則の一部を改訂した。

試合の早期決着を目指して18年センバツから採用されたタイブレーク制は準決勝までで、決勝のみ延長15回を終えて同点の場合は引き分け再試合だった。今回の決定を受け、甲子園の名勝負として語り継がれてきた69年夏の松山商-三沢、06年夏の早実-駒大苫小牧のような決勝引き分け再試合は生まれなくなる。

タイブレークは、延長12回を終えて同点の場合、13回から無死一、二塁で継続打順で行われる。

また昨春から始まった「1人の1週間の総投球数を500球以内」とする投球制限についてワーキンググループを発足することも決めた。




【高校野球 決勝もタイブレーク】  https://yahoo.jp/cBVK8L  日本高校野球連盟は19日、高校野球特別規則を一部改正し、主要大会の決勝でもタイブレーク制を採用することを発表した。3月19日に開幕する第93回選抜大会、今夏の第103回全国選手権大会の地方大会、甲子園大会でも適用される。



@YahooNewsTopics > 高校野球特別規則を一部改正し、主要大会の決勝でもタイブレーク制を採用することを発表 高校野球のタイブレーク



決勝戦だけは、タイブレーク無しにしてほしかった  https://twitter.com/YahooNewsTopics/status/1362714881217105921 


続きを読む