日ハム宮西「ここ数年でいえば一番状態がいい」 初実戦登板は直球押しで納得の投球

ファイターズ王国@日ハムまとめブログ
20210221-00000084-chuspo-000-1-view

 日本ハムの「北の鉄腕」宮西尚生投手(35)が今年の初実戦登板で貫禄の投球だ。6回に4番手で登場。簡単に2死を奪うと、石川昂は146キロの直球で二ゴロと竜の若武者を沈黙させた。直球勝負を続けたこの日の投球に「初実戦にしては、自分のイメージとボールの軌道の部分のズレが少なかった。ここ数年でいえば一番状態がいい」と納得の表情。14年連続50試合登板がかかるシーズンに向け「精度をどんどん上げていきたい」と意気込んだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/445e4a9445de042c7aaa264e6f04e3bed9fc44ae

266: 名無しさん 2021/02/21(日) 14:55:15.30 ID:7LOQZw1w0
全球ストレートで草

続きを読む