阪神・スアレス仕上がり順調 シート打撃で安打性1本

とらほー速報
1


 「阪神春季キャンプ」(28日、宜野座)

 阪神の守護神・スアレスが残留練習に参加。今キャンプ初めてシート打撃に登板した。

 原口、山本、糸原、サンズ、マルテに対し直球に変化球も交えて20球。安打性の打球を1本に抑え、順調な仕上がりぶりを見せた。

 移籍1年目の昨季は51試合の登板で25セーブをマークし、最多セーブのタイトルを獲得。今年は1月24日に来日し、2週間の自宅待機を経て2月8日に沖縄入り。今後は実戦に向けて調整していく。




守護神のスピードを実感!スアレス選手と対戦する山本選手! 宜野座は朝から雨模様、この直後に雨が強くなりシートが敷かれました。 #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 虎テレでは宜野座・安芸キャンプをライブ配信  https://movie.hanshintigers.jp  https://t.co/I35z4Ykm6p



@TigersDreamlink 今年も最後を締めて下さい!



昨季セーブ王の阪神・スアレス 今春初の実戦形式で順調ぶりアピール 150キロ台連発(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210228-00000176-spnannex-base  白球に込めるスアレスの熱き💓👍😍💕 “負けない強さ”で直球勝負!


続きを読む