日ハムが再三のチャンスを生かせず引き分けに終わる ドラ1伊藤はプロ初登板で6回1失点の好投も初勝利ならず

ファイターズ王国@日ハムまとめブログ

154: 名無しさん 2021/03/31(水) 21:38:21.28 ID:sldnCBgp0
wwwwwwww

17200E58-5894-4C8E-8F73-74C92E4B92FF
8BB56024-4853-4295-A098-D4DF8F90EED1

 ◇パ・リーグ 日本ハム1―1西武(2021年3月31日 札幌D)

 日本ハムー西武の第2回戦は、1―1で引き分けた。

 日本ハムの先発はドラフト1位の伊藤がプロ初登板。初回、2回とピンチを迎えながらも無失点で抑えて、3回、4回は2イニング連続で三者凡退の好投を披露。5回は先頭の呉念庭に1発を浴びて初失点したが、その後は無安打で6回102球を投げて、4安打1失点8奪三振の好投でマウンド降りた。

 0―1と1点リードして迎えた6回2死二塁で西川の中前適時打で同点に追いつき、ルーキーの負けを消した。西川は「大海(伊藤)が初登板でいい投球をしていたので、なんとかして同点に追いつきたいという気持ちでした」と自身の打席を振り返った。9回は無死満塁のサヨナラの好機だったが、生かしきれなかった。

 西武は31日に緊急1軍昇格を果たした呉念庭が両チーム無得点で5回の先頭で迎えた第2打席でプロ初アーチとなる今季1号で先制に成功。投げては先発の今井が。毎回四死球で出塁を許しながらも被安打は2回、3回の1本ずつのみで5回117球を投げて、2安打7四死球8奪三振無失点で勝ち権利を持って降板した。しかし6回途中から3番手で登板した吉川が2死二塁で西川に中前適時打を打たれて同点に追いつかれた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/bdad2665590ba9c06ed11fca52fed3bef344c442




続きを読む