阪神梅野が適時打も2被弾にマスクの下で顔ゆがむ

とらほー速報
1


<広島4-2阪神>31日◇マツダスタジアム

阪神梅野隆太郎捕手(29)が一時勝ち越し打を放った。

4回にサンズが同点打を放ち、なお2死一、三塁。1ストライクから床田の144キロ直球を捉え、中前に転がした。開幕前に「打線は線となってやっていけたら」と語った通り理想的な攻撃。ただ4投手をリードしては中盤以降に2被弾し、マスクの下で顔をゆがめた。




配球は難しい。苦手なコース投げ続けりゃ良いってもんじゃない。主力打者への攻め方は1試合(1打席)ごとに変えないと痛い目合う。 開幕カードの中村悠平や今日の梅野がそんな感じ。(勿論捕手だけの責任ではない)  https://twitter.com/fukudasun/status/1377243986662891523 



【タイガース】点差だけ見れば接戦だが、捕手のリード・4番の勝負強さでカープと圧倒的な差がある。 カープ會澤のリードが素晴らしい一方、タイガース梅野の安易なリードが余計な点をやっているな。


続きを読む