阪神自慢の救援陣で突き放された、加治屋と岩貞被弾

とらほー速報
1


<広島4-2阪神>◇31日◇マツダスタジアム

阪神は自慢の救援陣で突き放された。2-2の6回から登板した2番手加治屋が、1死走者なしから7番クロンに内角直球を左翼席に運ばれ、7回にも3番手岩貞が先頭菊池涼にソロ本塁打を浴びるなど、1発攻勢でリードを広げられた。

負け投手となった加治屋だが、26日にはヤクルトとの開幕戦で移籍後初勝利を挙げるなどベンチの信頼をつかみつつある。勝ちパターンの1人である岩貞とともに、今後も厳しい局面での登板が見込まれる。




「自慢の救援陣で突き放された」のではなく、「勝ちパターン4人を固定していない弊害が出た」のだと思う。現状では先発を早々に諦めてロングリリーフを出す時に迷いが生じる→阪神自慢の救援陣で突き放された、加治屋と岩貞被弾  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103310001331.html 



伊藤将は初登板を勝ち星で飾れなかったのは残念だけど、先発としては十分な働き。 加治屋にしろ岩貞にしろ、HR食らう日もある。 近本もその内あがってくるだろう。 佐藤輝君は、ルーキーなんだから長い目で見るべき。


続きを読む