阪神ドラ1佐藤に“広島の呪縛”と折れたバットの可能性

とらほー速報
1


阪神の“黄金ルーキー”佐藤輝明(22)がプロの壁にぶつかっている。31日、マツダスタジアムで行われた広島戦では3打席連続三振を含む4打席ノーヒットに終わり、バットを3本も折った。この2試合で6三振して、セの“三振王”を独走して打率は.163と低迷。オープン戦ではドラフト制導入後、新人最多の6本塁打をマークし、ヤクルトとの開幕カードでもプロ1号をマークした佐藤に今何が起こっているのか。

内角→変化球のパターンで3打席連続三振
 広島のバッテリーの佐藤攻略法は徹底していた。
 2回の第1打席。床田は初球に145キロのつり球を使った。ボールだったが佐藤はフルスイングを仕掛けて空振りした。2球目、3球目とインサイドへのストレートを続けていずれもファウル。広島の會澤は極端にインコースに構えていた。ボール球を1球も使わずに140キロのスライダーを外角低めに曲げると、佐藤はスイングアウト。右肩が開いてしまっていた。
 第2打席は4回二死一、三塁のチャンスで回ってきた。またインサイドを攻められながらも、ファウルで粘ったがフルカウントから140キロのスライダーを外角低めに曲げられてスイングアウト。
 第3打席は、2-2の同点で迎えた6回二死一塁。床田は初球にインサイドのツーシームを使ってきた。ボールになったが、2球目も136キロのツーシームで攻められてファウル。バットにひびが入った。3球目のストレートは甘いコースだったが、スイングは中途半端で打ち損じだ。5球目にはまた変化球。バットは真っ二つに割れて飛んでいった。最後は116キロのドロンと落ちるカーブ。ボール球だったが完全にタイミングを外された佐藤は片膝をついて空振りした。
 前日の試合から4打席連続三振である。
 第4打席は、9回。前日にも三振を喫しているルーキーの栗林と再び対峙したが、インサイドのカットボールに手を出して、またバットは、真っ二つに折れて、ショートフライに倒れた。
 2試合連続の3三振。計11三振は、大山、根尾らの6三振を引き離して、セの“三振王”を独走。プロの壁にぶつかっている。
 元千葉ロッテの評論家、里崎智也氏は、こう分析した。
「データ通りにしっかりと攻められて苦労していますね。インサイドを意識させられて、外に落とす、あるいは大きな緩急差をつけた変化球。ある程度、オープン戦から見えていた弱点を突かれています。いまのところ、後手、後手になっています。間違いなくポテンシャルはあり、対応力もあるのですから、どう対策を練っていくかですね」
 里崎氏は、オープン戦で6本塁打をかっとばした時点でも「どこを打てるかをテストするのがオープン戦。打っているのではなく、打たされているのかもしれない」と指摘していた。

 開幕第2戦では、巨人から開幕直前にヤクルトのトレードされた左腕・田口のスライダーを捉えてバックスクリーンの上部に当てる特大のプロ1号を放った。だが、ヤクルトバッテリーの配球にインサイドはなかったし、なにしろ田口のボールにキレがなかった。
 佐藤攻略は、初戦の森下、栗林、この日の床田、栗林と一級品のボールと配球、そこに投げる制球力がセットになってこそ成立するのだ。
 特に初戦で150キロを超えてくるストレートでインサイドをえぐられた森下のストレートの残像が佐藤の脳裏に残っている。
 名将、野村克也氏は、配球の極意を「意識させること」と語っていた。そのためメディアを使って打席に立つ前から心理戦を仕掛けた。日本シリーズでイチローを攻略した際も「インコースいくぞ、インコースいくぞ」と、対戦前から言葉で、布石を打っていた。今、現在、佐藤は、その森下にかけられた“呪縛”から逃れられないでいる。
 この日、佐藤は、1試合で3本バットを折った。プロでは極めて珍しい出来事である。インサイドのストレートに差し込まれるため、なんとか対応しようとグリップの位置を少し上にして始動を早めるという工夫をしている。だが、スイングが力むため、体からバットが離れて左肩が下がり、ヘッドが落ちるという悪循環に陥っている。
 右手の小指をグリップにかけて、テコの応用でヘッドに力を伝えようとする打撃スタイルのため、タイミングを外して、ヘッドが下がった状態で芯を外すとバットが折れる確率が高まる。
 だが、それは裏を返せばフルスイングとパワーの証でもある。バットが真っ二つに折れるのは、ほとんどの場合は、バットの先で打つたときに起き、バットの根っこで打って、こうも真っ二つに折れることは、プロでもそう多くない。
 エンゼルスの“二刀流”大谷翔平もメジャー挑戦時に、最初は足を上げたり、ノーステップにしたり、タイミングを合わせることに苦労してバットを山ほど折った。その後の大谷のメジャーでの成功は語るまでもないが、佐藤の折れた3本のバットは、覚醒前の予兆としてとらえることもできる。

 佐藤がプロの壁を乗り越えるために今、必要なものは、森下にかけられた“呪縛”を解くための頭の整理だろう。そして、どのボールに対しても、ぶれない軸のしっかりしたスイングを貫くこと。大きく崩され、片膝をついての空振りは、崩されている証拠。全球フルスイングではなく、狙い球を絞ることもひとつの手段だろう。空振りを奪されている高めのストレートを見送るようなことでもすれば、相手バッテリーを「どうしたんだ?」と、逆に考えさせることになるのかもしれない。
 そしてもっと重要なことは、今後のベンチの我慢。目先の勝ち負けに左右されて佐藤を外すようなことだけはしてはならないだろう。




里崎さんの考察がとても面白かったです。オープン戦では各球団が敢えて打たせてデータを取ってた、ってところが好き 阪神ドラ1佐藤に“広島の呪縛”と折れたバットの可能性(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210401-00010001-wordleafs-base 



技術的な解説は勉強になります。とにかく経験が大事。これからも期待したい。フルスイングは本当に魅力! #阪神タイガース#佐藤輝明 阪神ドラ1佐藤に“広島の呪縛”と折れたバットの可能性(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE) #Yahooニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/ded135c9256dd1d5f290006079c520054cf9f2fa 


続きを読む