【阪神】打のキーマン復調で連敗ストップ 近本光司20打席ぶり安打&佐藤輝明2号ソロ

とらほー速報
1


◆JERAセ・リーグ公式戦 広島3―6阪神(1日・マツダ)

 打のキーマン2人が復調し、阪神が連敗を2で止めた。

 糸原の1号3ランなどで4点リードの5回。1死から1番・近本が20打席ぶり安打となる右前打を放った。得点にはつながらなかったが、今季2安打目に一塁上では安堵(あんど)の笑み。7回にも四球を選び、トンネルを抜け出した。

 5点リードの6回2死からはドラフト1位の6番・佐藤輝が右翼席へ2号ソロ。広島では前日まで2試合連続3三振を喫していただけに「打てない悔しさを持っていましたし、これからもっと打つことができるように頑張ります」と胸をなで下ろした。球団新人の開幕2カード連続アーチは2リーグ制後初めての快挙となった。

 投げては今季初登板の秋山が5回まで1人の走者も出さないパーフェクト投球。7回5安打2失点の好投で今季1勝目を挙げた。チームは開幕3連勝のあとの3連敗を阻止。大きな意味のある1勝だ。

報知新聞社




広島 3 - 6 阪神 [勝] 秋山1勝0敗0S [ホームラン] 糸原 スリーラン1号、佐藤輝 ソロ2号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20210401.html  pic.twitter.com/WPhI5PeLZ8



@TigersDreamlink 今日の阪神ファンの脳内貼っとくわね pic.twitter.com/c9ZDl0kIpq





続きを読む