阪神・陽川が豪快な“珍打” 打球が京セラDの天井に当たり落ちてこず

とらほー速報
陽川2


 ◇セ・リーグ 阪神―中日(2021年4月4日 京セラドーム)

 阪神ドラフト1位・佐藤輝に代わって今季初先発の陽川が、豪快なパワーをまさかの“珍打”で披露した。

 4回1死一塁で打席に立つと、カウント2―2から左腕・小笠原の直球を仕留め損ねた。完全に打ち取られた打球は捕手・木下拓の真上に上がったが……そのままドームの天井部分に引っかかって落ちてこず。ファウル判定となり、京セラドームが騒然となった。 

 なお、陽川はその直後のチェンジアップに空振り三振にたおれた。




4回、陽川選手の打球は高々と真上に上がり、ドン!と音がしてそのまま天井のリングの中へ消え、ファウルになりました(石橋) #tigers#npb#阪神タイガース#陽川 pic.twitter.com/ITJyrNy7L9



このあとちゃんと結果出したんだからゲンがいいよ  https://twitter.com/sn_baseball_jp/status/1378598345308921856 


続きを読む