阪神・梅野 佐藤輝の安打に続き、巨人相手に先制適時打

とらほー速報
梅野


 「阪神-巨人」(6日、甲子園球場)


 阪神・梅野隆太郎捕手(29)の適時打が飛び出し、幸先良く先取点を取ることに成功した。

 両軍無得点の二回。サンズと佐藤輝の連打で走者が一、二塁と得点圏に進んだ中、打席に梅野が入った。1ボールからサンチェスの暴投で走者がそれぞれ進塁し、二、三塁とさらにチャンスが拡大。なんとしても1点が欲しい状況で、梅野は結果で応えた。

 カウント2ボールからのカットボールを右前へとはじき返し、三走・サンズは本塁に生還。雨が降りしきる甲子園で、正捕手が魅せた一打に虎党は沸いた。なおも無死一、三塁から木浪の中犠飛も飛び出し、さらに阪神は優勢な展開となった。




幸先よく先制!梅野のライトタイムリーヒット! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 https://t.co/S2lqb3EsNl



@TigersDreamlink 意地でも5回までやってくださいね



@TigersDreamlink 梅ちゃんよくやった👍😆


続きを読む