阪神・梅野「勝利打点に貢献したい気持ちが繋がっている」 2本の適時打で伝統の一戦で先勝

とらほー速報
1


 ◇セ・リーグ 阪神6ー2巨人(2021年4月6日 甲子園)

 2本の適時打で伝統の一戦の初戦勝利に大きく貢献した阪神・梅野隆太郎捕手(29)は、勝負強さを発揮した打撃を振り返った。

 「自分自身ああいう打席で集中するというのは、今シーズン目標にしてますし、やっぱりそういうチームの勝利打点に貢献したいなっていう気持ちがこういうふうに繋がっている」

 0―0の2回無死二、三塁から先制の右前適時打を放つと、4回1死二、三塁の第2打席でも右前打で5点目を挙げた。

 また、7回4安打2失点で掴んだ今季初勝利を掴んだ西勇は「毎年本当に初勝利が一番大事ですし、勝てるか勝てないかというのがすごい自分の中では左右するんですけど、本当に1勝できてよかったです」と安堵の表情。

 ヒーローインタビューの最後は梅野が「勝つばい!」を披露し、勝利を喜んだ。




阪神梅野2タイムリー 得点圏・667リーグトップ  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202104060001087.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  このお立ち台素晴らしいね😉🐯 梅ちゃん2タイムリ- お見事です✨



#阪神タイガース🐯阪神6-2讀賣🐰7回雨天コールド 甲子園初戦勝利🎉 負ける気全然せぇへんなぁ🤣 雨中の西投手のナイスピッチング⚾️ 2本のタイムリーの梅野選手⚾️ 絵になるバッテリーやな👍✨ pic.twitter.com/u8umk1hhxq


続きを読む