阪神大山9戦ぶり適時打「西さんを援護することができて良かったです」

とらほー速報
1


<阪神6-2巨人>◇6日◇甲子園

阪神4番大山悠輔内野手は3・26開幕戦以来、9試合ぶりのタイムリーを決めた。

2点リードの3回無死一、二塁から右腕サンチェスの145キロを中前にはじき返した。13打席ぶりの安打となり、打点自体も8試合ぶり。「とにかくランナーをかえすことだけを意識して打ちました。西さんを援護することができて良かったです」。7回にも中前に落として今季2度目のマルチ安打。矢野監督からは「悠輔自身が引っ張っていってくれるというのをもっと見たい」と期待された。




大山くんに復調の兆し! 結果、この得点が重要やった! とらほ〜 #阪神優勝#大山悠輔#タイムリー#悠然と振り構えた~  https://twitter.com/toratele/status/1379371196190392322 



大山にタイムリーが出た‼️ 明日は今シーズン初ホームランに期待だ‼️


続きを読む