【阪神】矢野燿大監督が大山主将と近本選手会長にゲキ「1、4番が頑張ってくれたらもっともっと楽しくなる!」

とらほー速報
1


◆JERAセ・リーグ 阪神7―1巨人(7日・甲子園)

 阪神が13安打7得点と圧倒し、今季初の4連勝でがっちり首位を固めた。3回に近本、糸原の機動力を生かし、先制点をもぎ取ると、4回にも近本、糸原の連続長短打で3点を追加。その後はサンズの一発、大山の適時二塁打と攻撃の手を緩めなかった。投げては先発のドラフト2位左腕・伊藤将が7回を6安打1失点でプロ初勝利をマークした。

 矢野監督は糸原、サンズの働きに目を細めつつ、開幕から状態の上がっていなかった近本と大山のさらなる奮起を求めた。

 以下は一問一答。

―いいところがたくさん出たゲームだったが、一番の勝因は

「そうですね、まあ伊藤将司のピッチングじゃないですか」

―どんな思いで送り出して、どんなピッチングに映ったか

「ルーキーなんですけど、あんまりルーキーということを考えさせないような、ピッチングも性格もそうなんで。そういうところでは自信を持って送り出しましたし。まあ『らしい』というか、はい、本当に肝の座ったピッチングをしてくれました」

―「キャッチャー・矢野」の感性から見ても思うところのある投手では

「今日が完璧ではないですし、ちょっとこう、良いのと悪いのがはっきりしたかなと思うんですけど。そういう中でも抑えられるというのは引き出しもありますし、捕手の梅野もいろんなことをできる、そういうキャッチャーが楽しめるようなね、そういう投手かなと思います」

―攻撃面では積極的に走って点を取った

「そうですね、打者もつながりましたし、そういうところで走って動いて、目立たないですけど藤本コーチも良い判断をね、ずっとしてくれていますし。思い切った走塁につながっているかなと思います」

―監督就任直後から積極的にと言ってきたことが実を結びつつある

「そうですね、まあ点数に表れない部分もありますけど、僕としてはもう本当にチームの全力疾走とか、みんながそういう高い意識を持ってやってくれているのが今日の試合にも出たかなと、そういうふうに思っています」

―4番の大山が前夜(6日)から連続タイムリー

「でも、まだまだもっと打ってほしいなと思いますし、打てるボールもまだあるだろうと思いますし。近本も出始めたんでね。そういうところでは1番、4番。2番の健斗(糸原)やサンズも頑張ってくれていますけど、1番、4番が頑張ってくれたらもっともっと楽しくなる」

―昨年3連敗から始まった巨人に連勝スタート

「日々、前を向いて目の前の試合に全力で戦うことは変わらないですけど。2つ取れたというのはプラスにもちろんなりますので、明日また全員でね、全員野球で取りに行きます」

報知新聞社




近本、大山まで調子を取り戻せば、いよいよ手のつけられない打線になるはず! 【阪神】矢野燿大監督が大山主将と近本選手会長にゲキ「1、4番が頑張ってくれたらもっともっと楽しくなる!」 : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20210407-OHT1T50237.html 



今日も近本・大山・梅ちゃんが打って阪神勝ったら読売クリニック出張所に受診した事になる


続きを読む