暗黒の最下位DeNA 今になって響く“ベテラン”ロペス解雇の影響

De速
2019-11-24 11-25-38-635


1: 風吹けば名無し 2021/05/01(土) 08:11:50.36 ID:E2WgRXcV0


「ベテランの不在も大きい。今季のDeNAの最年長は大和の33歳。12球団の中で、一番若い“チーム最年長”です。若手ばかりの経験の少ないチームは調子が悪くなると、歯止めがかからなくなる。今のDeNAには試合を落ち着かせたり、流れを変えたりできる機転の効いた選手が見当たらない」(以下同)

 セ・リーグの各球団の野手最年長は、中日・福留孝介(44)、阪神・糸井嘉男(39)、ヤクルト・青木宣親(39)、巨人・亀井善行(38)、広島・長野久義(36)となっている。

 パ・リーグに目を移しても、日本人野手最年長が松井雅人、安達了一の33歳のオリックスは5位に低迷。最下位は日本ハムで、40歳の鶴岡慎也がいるものの、一軍ではほとんど起用されておらず、2番目の高齢野手は中田翔の32歳となっている。

「今年の成績に限らず、過去の例を見ても、ベテランの存在はチームに不可欠なんです。それなのに、DeNAは今年に限らず、ベテランを軽視しがちな印象です」

続きを読む