阪神ドラ1佐藤輝明 初のサード守備で打球処理 “4番初打席”は空振り三振

とらほー速報
1


 「阪神-広島」(2日、甲子園球場)

 阪神ドラフト1位の佐藤輝(近大)が初めてサードで打球を処理した。初回2死一、二塁のピンチ。会沢の正面のゴロを捕球し、三塁ベースを踏んだ。

 この日は大山がスタメンを外れ、佐藤輝がプロ初の「4番三塁」で先発出場している。

 初回1死一、二塁で迎えた第1打席は野村を前に三振に倒れた。これでシーズンは44三振目だ。

 フルカウントから野村がチェンジアップを投じた。佐藤輝はフルスイングしたが、バットは空を切り、空振り三振に仕留められた。その後、チームは2死満塁のチャンスを作ったが、陽川が二飛に打ち取られ、先制点を取ることができなかった。

 球団第107代4番打者となった黄金ルーキー。2打席目以降に、4番としての仕事を果たすことができるか。




おぉ、佐藤テルくんのサード守備が1回表から見れた🐹🍵✨ ええやん、ええやん! 阪神も広島も新人ルーキー選手たちが本職の内野守備で、中日に好きな選手のクジを引かれた小川大翔は微妙な気持ちで見てるよ🐹🍵✨中日首脳陣、新人を本職で! 爆笑☆京都ぶらり一人旅☆写真  http://amzn.to/2xUyzx5 



#阪神タイガース 担当 「4番 #佐藤輝明 、サードの守備にも注目。」 #阪神 #タイガース


続きを読む