矢野監督「嫌な展開のところを勇輝が踏ん張って」西勇輝5回4失点の粘投

とらほー速報
1


<ヤクルト5-11阪神>◇4日◇神宮

阪神先発の西勇輝投手は5回6安打4失点と粘った。

スライダーを決め球に、3回まで被安打1と完璧な立ち上がり。しかし4回に先頭山田、村上の連続二塁打で1失点。5回は先頭の西浦にソロ本塁打を浴びた。なおも1死二塁から大山の悪送球で3点目を失い、続く山田に適時二塁打を浴びたが、後続を打ち取り大崩れはしなかった。

矢野監督も「序盤はね。ちょっとチャンスをつぶして、嫌な展開のところを、勇輝が踏ん張ってたからね」と振り返った。




2021/5/4 阪神・西勇輝 #Tigers_summary 全体的にコマンドが精彩を欠いており4失点 チェンジアップは制球・落差ともに昨年の水準に達しておらず、苦しい投球の一因か pic.twitter.com/6GgNnG5ilN



正直ヤバかったわ。負けるかもと思った。 矢野監督「嫌な展開のところを勇輝が踏ん張って」西勇輝5回4失点の粘投(日刊スポーツ) #Yahooニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/79b2026357c977a74497f20caa9543531a6c068f 


続きを読む