阪神小幡「結果残さないと」1軍初出場初スタメン初安打となる三塁打

とらほー速報
小幡


<阪神3-14ヤクルト>◇18日◇甲子園

阪神の20歳小幡竜平内野手が大敗の中でキラリと輝いた。

糸原が足の張りで欠場した一戦に「8番遊撃」で先発。今季1軍初出場初スタメンで今季初安打となる三塁打を決めた。4点を追う5回2死無走者、サイスニードの内角チェンジアップを右翼線に運び、俊足を飛ばして三塁へ。「積極的にスイングした結果が今年1本目になったので、うれしかったです」と振り返った。

高卒2年目の昨季は54試合に出場した。今季はドラフト6位中野の台頭もあって開幕二遊間争いに敗れたが、2軍では33試合出場で打率2割8分8厘。5月14日に今季1軍初昇格していた。6回2死満塁では中飛に倒れ「気持ちが入りすぎていた。もっと冷静に周りを見て、もっと楽な気持ちで打席に入れていれば、また結果も違っていた」と反省。「ここからもどんどん結果を残さないといけない」と力を込めた。




インコースを力強くフルスイング!小幡の今季初ヒットは快速飛ばしてスリーベース! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 https://t.co/mYJzOokf2P



小幡の今シーズン初スタメンで3塁打も良かった



ロハスJrがホームラン打っただけど今日はもう収穫はあったんじゃないかと思うよ! 小幡くんも3塁打打つし!


続きを読む