阪神ロハス「ホッとした…最初のヒットがホームランになって」練習重ねて不振脱却

とらほー速報
1


 「阪神3-14ヤクルト」(18日、甲子園球場)

 阪神の新助っ人、メル・ロハス・ジュニア外野手(30)=前韓国・KT=にデビューから22打席目にしてプロ初安打&初本塁打が飛び出した。

 「6番・右翼」でスタメン出場。5点を追う五回、1死無走者でこの日の第2打席を迎え、ヤクルト先発のサイスニードに対して、カウント2-2から外角の150キロの直球を強振。バックスクリーン左に飛距離127メートルの本塁打を放った。

 チームが敗戦しただけに「チームが負けてしまったんで、あまりうれしい気持ちはないんですけど」と前置きしつつ「ただ一回、ホッとしたかなという風には思います。最初のヒットがホームランになってよかったです」と言葉に力を込めた。

 これで軌道に乗った助っ人は、3打席目にも梅野から中前適時打を放ち、初のマルチ安打を達成。前日は休日返上して室内で打ち込みを行っていたが「自分の中でタイミングがちょっとずれているのは分かっていたので」と練習や打席の中で微調整を繰り返し、ようやく結果を残すことができた。




阪神は負けたが、ロハスのホームランは素晴らしかった😁 ベンチに帰って座る時の、あのホッとした解放されたような表情をみれば、今までのこと全部不問にして、応援したい気持ちになった📣 やっぱり、気持ちが伝わってくると応援したくなるなぁ🐯



今日の阪神投手陣どうした? 何やってんの? かたや、ロハスの一本出てホッとしてる顔、良かった! あぁ!まじよかった〜! って顔してた!


続きを読む