阪神北條3戦連続安打「本来これくらいの力はある」矢野監督2番の活躍評価

とらほー速報
1


<日本生命セ・パ交流戦:阪神6-1ソフトバンク>◇4日◇甲子園

阪神北條史也内野手が3戦連続安打となる先制二塁打を放った。初回無死一塁で石川の浮いた147キロ直球を左中間へはじき返した。「自分のスイングができた。ああいった打球を打ちたかった」。

4月下旬に左足首を痛めて離脱したが、復帰後の3試合で2本の先制打をマーク。矢野監督も「本来これくらいの力はある。チャンスメークや打点を挙げていい働きをしている」と2番の活躍を評価した。




そうなんだよね。このチャンスは絶対に手放すなよって思う。 阪神北條3戦連続安打「本来これくらいの力はある」矢野監督2番の活躍評価(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/099caab6fef8f5212b922ee89afeb61344c7fc00 



阪神北條3戦連続安打「本来これくらいの力はある」矢野監督2番の活躍評価 やっとバントに囚われず積極的野球が出来ました。 流れが良くなれば自然とバントも決まりだすと思います。 実際これまでは出来ていたんですから。 ジョーが帰ってきてよかった。 #Yahooニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/099caab6fef8f5212b922ee89afeb61344c7fc00 


続きを読む