阪神代打原口が激走ヘッスラで三塁到達「最後なんとかする」矢野監督評価

とらほー速報
1

原口3



<日本生命セ・パ交流戦:阪神3-8ソフトバンク>◇6日◇甲子園

阪神は代打原口文仁捕手が反撃の口火を切った。8点を追う8回1死。代打で打席に立つと、嘉弥真のチェンジアップを捉えた。

打球が左中間へ飛ぶ間に激走すると、三塁へヘッドスライディングで到達。気迫のプレーでマルテの2ランを呼び込んだ。矢野監督は「原口は1つの打席で影響与えてくれる、そういう存在。あのまま終わらずに最後なんとかするところが出たので、それを札幌(遠征)につなげられれば」と、沈黙ムードを変える一打を評価した。




6/6(日) 神3-8ソ(甲子園)| 代打原口、プロ初3塁打!佐藤輝は意地の本塁打!  https://youtu.be/fNlnyzVvexY  @YouTubeより 及川は西純より腕の振りが良かったですね。 先発で見たい。 原口の三塁打は胸が熱くなりました。 佐藤のホームランはなんていうんでしょ。 凄さしか感じない。 #阪神タイガース



スタメンDHなら糸井だなあ、原口は代打職人としての集中力に期待したいなぁ、二人の強みを活かすのなら  https://twitter.com/ohyama_yama/status/1401503797218668553 


続きを読む