阪神・藤浪、今後の先発起用は絶望的? 球団OBも決断に疑問、矢野監督が突然二軍調整を打ち切ったワケは

とらほー速報
1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/07(月) 11:23:16.34 ID:CAP_USER9
「優勝」のため、阪神は藤浪晋太郎投手の未来を変える…。

 二軍調整中だった藤浪が一軍マウンドに帰って来たのは、6月4日の福岡ソフトバンク戦だった(甲子園球場)。5点リードの9回最後の1イニングである。復活をめざすエース候補が救援マウンドに送られたことに首を傾げる関係者も少なくなかった。

 阪神戦の中継を担当することの多いプロ野球解説者の一人は、

 「7回裏、先発の青柳に打順が回ってきました。矢野監督は代打を送らず、青柳を打席に立たせました。この時、点差も開いているし、青柳を完投させるつもりなんだと思いました。中継ぎ投手陣が登板過多なのは分かりますが」

 と、投手継投に首を傾げていた。

 「一軍に復帰したばかりなので、調整というか、場馴れさせるつもりで投げさせたのでは?」(在阪記者)

 藤浪は出塁こそ許したが、ソフトバンク打線をゼロに抑えた。

 矢野監督はこのリリーフ登板について、多くを語っていない。しかし、阪神OBによれば、「リリーバー・藤浪」は既定路線であったという。

 「昨季も藤浪はリリーフ登板で復活のきっかけを掴みました。岩崎、岩貞、スアレスなど勝ちパターンで使ってきたリリーフ投手たちが疲れてきたので、それを補うためにも『リリーフで使え』の声は出ていたんです」

 「リリーバー・藤浪」の進言があったことは、複数の阪神OBが証言している。

 昨季後半、160キロ超えの剛球を投げ込んでくるリリーバーぶりは、確かに脅威だった。登板過多の救援陣を救う“切り札”とも言えそうだ。矢野監督はこれからも救援で起用していく旨も明かしていたそうだが、ここに至るまでの経緯を聞いてみると、「これでいいのか?」の疑問も感じた。

 「二軍調整中は、全て本人にその内容を任せていました。実戦でもセットポジション、ノーワインドアップをテストするなど試行錯誤していました」(球界関係者)

 技術的な話になるが、左足の上げ方も変えるなどしていたそうだ。投手出身のプロ野球解説者、対戦チームの二軍コーチはその様子を見て、「9年もプロの世界でやってきて、投球フォームで悩んでいるっておかしくないか?」と首を傾げていたという。

 「藤浪のノーコン病について、一つの仮説が出たんです。変化球を多く投げると、投球フォームそのものが崩れていき、直球を投げる時の制球力まで失っていく、と」(前出・同)

 先発登板すれば、複数の変化球を使わなければならない。1イニングしか投げない救援登板であれば、直球中心のピッチングができる。つまり、先発投手が務まらないと判断され、リリーフで起用されたのだ。

 「変化球を多く投げて投球フォームが崩れるのなら、時間を掛けて再構築すればいいんです。でも、ライバル巨人は菅野、メルセデスが帰ってきて、山口俊の復帰も確実視されています。追撃されるという焦りもあり、藤浪を二軍調整させている余裕がなかったんです」(前出・同)

 リリーバー・藤浪は好投してくれるだろう。失うものも大きそうだが。(スポーツライター・飯山満)

https://npn.co.jp/article/detail/200013853
no title

2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/07(月) 11:25:56.51 ID:vQQNlb4I0
藤浪のノーコンは手首が寝るからだってドラフトの時から言われている。
再三再四矯正したが治らないので、胸を反らさずに投げろって捕手が毎回注意してる。

69: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/07(月) 12:19:07.04 ID:i5btIiOD0
>>2
それ、この前治ってたね。少し猫背気味で手首も立ってた。

23: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/07(月) 11:41:07.06 ID:vyYii1D30
いいじゃないか。
輝ける場所で使ってあげたら



引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1623032596/

続きを読む