【東京五輪】巨人中川、侍ジャパン内定の模様

G速@読売ジャイアンツまとめブログ
1: 2021/06/08(火) 05:15:08.50 ID:NCpcibcw0
ソースは報知

3: 2021/06/08(火) 05:15:57.94 ID:NCpcibcw0
03fdcec2-s


巨人の中川皓太投手(27)が、東京五輪に出場する24人の侍ジャパン最終メンバーに内定していることが7日、分かった。19年プレミア12では稲葉監督の下で世界一を経験。左打者の内角を突くシュートと鋭いスライダーを武器に巨人のブルペンを支える左腕には、かつて五輪の舞台で左キラーとして力投した元中日・岩瀬仁紀氏ら「左のリリーフ伝説」の継承が期待される。

 東海大からドラフト7位で巨人に入団して6年目。不動のセットアッパーに成長した中川が、東京五輪で日の丸を背負う可能性が高まった。侍ジャパンの最終メンバー24人の一人に内定したことが判明。自国開催で初の五輪金メダル獲得を目指す日本代表のため、左腕を振ることになりそうだ。

 国際大会では相手の左の強打者をどう抑えるかが、一つのポイントになる。過去の五輪を振り返っても、韓国の李承ヨプ(元巨人など)らが日本投手陣の前に立ちはだかってきた。稲葉監督は以前、東京五輪に向け「6~9回は大事。左を抑える左投手が欲しい。皓太(中川)はそれができる」と話していた。19年プレミア12で世界一の経験も持つ中川の力が、五輪でも必要と判断されたようだ。

https://hochi.news/amp/articles/20210607-OHT1T51197.html

9: 2021/06/08(火) 05:17:26.92 ID:9abgyCwF0
えぇ…今年の中川かなりガタガタやぞ
登板過多なんか知らんが結構失点しとるし

続きを読む