阪神 12安打10得点で快勝 2位・巨人と今季最大5差に

とらほー速報
1


 「日本ハム3-10阪神」(9日、札幌ドーム)

 セ・リーグ首位の阪神が12安打10得点の猛攻で5月13日・中日戦、同14日・巨人戦以来の連勝。2位・巨人とのゲーム差を今季最大「5」に拡大させた。

 1-1の四回。先頭のドラフト6位・中野(三菱自動車岡崎)が右翼線を破る三塁打で好機を演出し、一気に流れを引き寄せた。続くマルテが詰まりながらも中前に落とす勝ち越しの適時打。さらに、サンズが左翼へ2点適時二塁打を放った。

 五回も4本の長短打と相手の守備のミスにもつけ込み、一挙4得点。佐藤輝とサンズの連続長短打で日本ハムの戦意を喪失させた。

 佐藤輝は交流戦での打点を「11」とし、球団の新人選手では2017年の糸原(9打点)を抜いて最多記録を更新。先発の秋山は5回2/3を7安打3失点で今季6勝目を挙げた。




【一軍】阪神10-3日本ハム 中盤の大量得点で快勝!これで2位と5ゲーム差や!秋山は交流戦3連勝、リーグトップタイの6勝目!ナイスゲームやったで!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



@hanshintigersjp 5ゲーム差!





続きを読む