侍ジャパン4番候補は鈴木誠也&村上宗隆&柳田悠岐!金メダル獲得に最適な打線を考察

かーぷぶーん
侍ジャパン4番候補は鈴木誠也&村上宗隆&柳田悠岐_01

鈴木誠也が最有力か、それとも村上宗隆か…東京五輪侍ジャパンの「四番」に適任なのは誰?

短期決戦は打撃の調子も重要な要素になる。不調の選手の復調を待っている間に大会は終わってしまう。打順が流動的になる可能性もあるが、四番の最有力候補は広島の鈴木誠也だろう。

19年のプレミア12では全8試合で四番に座り、打率.444、3本塁打、13打点と大活躍。首位打者、最多打点、最多得点のタイトルを獲得し、大会MVPで初優勝に貢献した。

19年に打率.335で首位打者を獲得するなど、16年から20年まで球団初の「5年連続打率3割」の快挙を達成し、プロ野球史上4人目の「5年連続打率3割、25本塁打」もクリアするなど実績は十分。「メジャーに最も近い野手」として、海外でも注目度は高い。稲葉篤紀監督は四番候補に鈴木の名前を挙げ、全幅の信頼を置いている。

https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20210621-13



・しかし豪華な顔ぶれだな‥打順組むの悩むよこれ。



→岡本、佐藤がいないのが少し残念です

続きを読む