阪神・梅野 お祭り男や!オールスター出場4戦連続安打となる適時三塁打「菊池さんがいい流れつくってくれた」

とらほー速報
ume


 ◇マイナビオールスターゲーム2021第1戦 全セ5-4全パ(2021年7月16日 メットライフD)

 首位に立つタイガースのつなぐ野球を梅野が先頭に立って体現した。3点劣勢の5回無死一塁で迎えた第2打席。上沢の投じた141キロのカットボールを右翼線へはじき返した。

 「先頭の菊池さんが出てくれて良い流れをつくってくれたので、積極的にバットを振っていくことができた」

 右翼手のマーティンが捕球できずに後逸するも記録は適時三塁打となり、セの初得点を叩き出した。これで球宴では17年の第2戦から出場4試合連続安打。続く近本の左前打で2点目の生還も果たした。頼れるチームメートとの連打でそろって打点もマークし、「チカがきっちりタイムリーを打ってくれたのでゲーム的にもまだまだいけるって自信があった」とうなずいた。

 守備ではスタメンマスクをかぶり、先発の高橋、2番手の戸郷とペナントレースを争う巨人の左右両エースとバッテリーも結成。「ピッチャーの一番良いボールを投げさせながら、ここは入り球っていうのを考えながら楽しくリードさせてもらった」と充実感たっぷりに振り返った。

 練習中は大学時代から親交があり侍ジャパンでチームメートとなる甲斐とも五輪へ向けて意見交換した。「拓也とはお互いの情報を国際大会に向けて共有していこうという話をして。いよいよだなっていうワクワク感と、緊張感と入り交じっている。オリンピックの選手ともっとコミュニケーションを取っていきたい」。大舞台へ向けても有意義な時間にする。(遠藤 礼)




梅野、ラッキー3塁打!



2019/7/16(金)オールスターゲーム第1戦 【●パ・リーグ4-5セ・リーグ◯】 2年ぶりに開催されたオールスターゲーム。静寂な中で選ばれた選手のプレーを観るという今までにないスタイルに違和感を覚えた。阪神の選手の活躍(梅野、近本のタイムリー等)でセ・リーグの勝利に貢献した。 #masakado06 pic.twitter.com/2BSpLjRvfH


続きを読む