阪神・佐藤輝明がオールスター初アーチ 新人の本塁打は史上5人目の快挙

とらほー速報
佐藤


 「マイナビオールスターゲーム2021・第2戦、全パ-全セ」(17日、楽天生命パーク宮城)

 全セの阪神・佐藤輝明内野手が待望の一発を放った。「6番・右翼」で先発出場し、迎えた二回1死での第1打席。カウント1-0から全パのオリックス・宮城の140キロ直球を捉えた打球は、左翼へ。そのまま失速するこなく、白球はスタンドに届いた。打球速度167キロ、飛距離112メートルだった。

 オールスターでの新人本塁打は、1969年・田淵(阪神)、80年・岡田(阪神)、86年・清原(西武)、19年・近本(阪神)以来、史上5人目。

 「すごいピッチャーばっかりなので、ホームランを打てるように頑張ります」と意気込んで臨んだオールスター。第1戦は無安打に終わったが、第2戦で有言実行した

 ベンチでは中日のビシエドも指で「Z」を描き、お出迎え。佐藤輝もカメラにはお決まりのZポーズを披露した。巨人のウィーラーは笑顔でその光景を見ていた。







オールスター新人⚾ホームラン👊🐯田淵🐯岡田🦁清原🐯近本に続き 史上5人目❗🐯佐藤輝明ズドン👊 宮城から打ったのは値打ち🈶やね👏しかし5人中4人が🐯って意外😜#マイナビオールスター #阪神タイガース #佐藤輝明 #サトテル #ホームラン #新人5人目 #史上5人目  https://twitter.com/tvasahibaseball/status/1416328967125045250 


続きを読む