【FRIDAY】巨人・陽岱鋼、日ハム復帰か

ファイターズ王国@日ハムまとめブログ
20210721-00000003-friday-000-1-view

1: 名無しさん 2021/07/21(水) 09:58:49.83 ID:OB5I8oRWd
https://news.yahoo.co.jp/articles/8287dd30ca42065466c06e3ced5182e12a6089f5

◆阿部2軍監督を激怒させたプレー

とはいえ、丸は不調で一時2軍へ。梶谷も7月10日の阪神戦で死球を受け、登録抹消となった。「緊急事態」になっても、陽が1軍から呼ばれる気配はない

「陽の言動が首脳陣の不興を買っているんですよ。特に問題視されたのが、今年3月の西武2軍戦でのプレーです。レフトへのフライを、緩慢なプレーで2塁打にしてしまった。陽は、その前から覇気のない三振を繰り返していました。2軍の阿部慎之助監督は、ヤル気のないプレーをもっとも嫌います。このプレーは、3軍に落とされるキッカケにもなりました。

1軍・原辰徳監督の評価もイマイチ。陽が巨人に入団したのは、高橋由伸・前監督時代です。全権を委任されている原監督としては、複雑な思いがあるでしょう。ケガの多い陽を『なぜとったんだ?』と。前政権時代の獲得選手が鳴かず飛ばずでは、評価が厳しくなるのもうなずけます。

陽に対し、こうコメントをしている。『スタメンで出てくるようでないと位置づけは難しい』。『台湾のスター』というプライドを捨てきれない陽が、原監督のもとで再生するのは相当難しいでしょう」(スポーツ紙担当記者)

活躍の場が年々減っている陽。巨人での復活は、かなり厳しそうだ。今後は台湾でのプレーも考えられるが、本人は日本でがんばりたい意向だという。救いの手をさしのべそうなチームは、ある。

「古巣・日ハムです。日ハムは主砲の中田翔や大田泰示が絶不調のため、若手を起用していますがリーグ最下位と低迷しています。陽のようなベテランの存在は、若手に喝を入れ起爆剤になる可能性がある。陽は前監督ヒルマン氏や栗山英樹・現監督の政権前期、強い時代の日ハムを知っていますからね。球団としても、新球場(北海道北広島市)ができる23年までにチームを立て直したいでしょう。

陽にとっても、日ハムはとけ込みやすいチームです。古巣というだけでなく、同じ台湾出身の王柏融がいる。陽の在籍当時にいた選手も、数多く残っていますから」(同前)

来季以降、陽が巨人に残れる可能性は高くない。台湾のスターがどんな選択をするのか、国内外が注目している。

5: 名無しさん 2021/07/21(水) 09:59:50.69 ID:KJfmxJWjd
適当なこと言うな

続きを読む